レポート

【月間訪問者数から分析】集客できるセミナーサイトまとめ!

どうも平井です。
僕は仕事がら、クライアントのセミナー集客に携わることがあります。

そのセミナーの集客には、以前一人ビジネスのweb集客「コンテンツマーケティングとは」の記事でもお伝えしましたが、ブログやSNSなどのwebメディアや広告を活用し集客を試みます。

しかしそのような手段を使えないクライアントには外部サイトからの集客をおすすめします。
そこで今回は、外部サイトから集客する方へ

「セミナー集客でおすすめできるポータルサイト」を紹介したいと思います。

しかし、紹介だけでのブログ記事は他にもよくあるので、
今回は僕がリサーチし、これまで掲載したことのある21のサイトから

月間訪問者数が高いサイトを中心に、その他データーから見える特性と、
実際に集客できたポータルサイトをお伝えしようと思います。

無料ポータルサイト掲載するにあたって

初めて掲載し集客を試みる場合
無料掲載のサイトであれば、とりあえず全部掲載するというのが得策です。

掲載する内容は一緒ですし、基本、それを使い回すというスタンスなので膨大な手間がかかるということはないと思います。

ただ、募集する人数が多かったり、セミナーやイベントの数が毎月コンスタントにある人は毎回数十のサイトに掲載するのは管理も投稿も労力がかかります。

 

よってある程度、反応が高いポータルサイトがわかってきたら徐々に絞っていき
さらに大きな反応が見込めるポータルサイトには集客を後押しするような有料オプションを使い集客の強化を図る事がいいと思います。

※有料オプションはサイトによってそのサービスは違いますが、数字の解析、リスト管理、集客が増える広告掲載ができる機能が多いようです。

あなたが選ぶポータルサイトの選定基準

まず大前提として、そのポータルサイト自体の訪問者数が多いのかという点が一番大切です。

どんなに魅力的なセミナーを掲載しても、そのポータルサイト自体に訪問者数がいなければもちろん反応がありません。

今回は月間訪問者数・ユニークアクセス数のデータを掲載していますので、参考にして見てください。

そしてもう一つ重要なのが
あなたのビジネスの特性にマッチしたポータルサイトを選ぶことです。

今回訪問者数が多いサイトからご紹介してますが、ポータルサイトごとに特性があり、そのサイトを利用しているユーザーの属性もまた違うと考えられます。

 

このことから「訪問者数が多い=反応が出る」
という単純な計算式にはならないということです。

例えばあなたが、男性をターゲットに投資商材を扱っている場合、

Aのサイトは訪問者数100人・20、30代の女性主婦が中心・人気カテゴリがエンターテイメント

Bのサイトは訪問者数50人・30、40代の男性会社員が中心・人気カテゴリはビジネス・投資

であれば、Bのサイトの方が反応が高くなる可能性がありますよね。

このようにあなたのビジネスのターゲット層とポータルサイトの属性によって反応が変わることも理解しておきましょう。

記事の中では
「男女比」「年齢層」「使っているデバイス」「カテゴリ別興味」などデータにまとめて掲載しています。(アクセス数が少ないサイトについてはデータ抽出できないものもありますが)

それもヒントに、あなたのビジネスに相性がいいサイトを見定めつつ、そのサイトに合わせて掲載文を変えていくことをお勧めします。

 

訪問者数が多いポータルサイト

データ参考元はsimilarWebというアクセス解析のサイトを参考にしています。
(データは2017年12月期を参照)

名称解説
トラフィックシェア:PCとその他モバイル端末の割合
訪問者数:集計期間における訪問者数

ユニークアクセス数:集計期間における重複を除く訪問者数
直帰率:1ページのみを見て、サイトから離脱した率


外部サイトのサービスアクセス解析なのであくまで参考値程度にご覧ください。

Peatix(ピーティックス)

Peatix(ピーティックス)の詳細ページ

ピーティックス 

特徴
「誰にでも簡単にイベント管理や販売が出来る」という電子チケットサービスをメインとして主に、エンターテイメント向けのイベント集客に強い。
有料サービスでは、告知ページを対象ターゲットに送信できたり、告知ページをおすすめ欄に掲載できるなど、費用は高いが、今回紹介するサイトでは一番の訪問者数であり、ビジネスの属性が合えば高い集客が見込める可能性はあり。セミナー系ではスタートアップ向けのセミナーも多いのが特徴です。


オーディエンスのカテゴリ別興味

  1. アートとエンターテインメント▶ 4.38%
  2. ビジネスと業界▶3.08%
  3. ビジネスと業界/マーケティングと広告▶3.07%
  4. キャリアと教育/教育▶2.83%
  5. コンピュータとエレクトロニクスプログラミング▶2.69%
  6. その他▶83.95%

こくちーずプロ

こくちーずプロの詳細ページ

こくちーずプロ

こくちーずプロ



特徴
前身はこくちーず(告知’s)というサイトから派生したポータルサイト。主にセミナーを中心に、交流会や勉強会などの告知が多いです。こくちーずプロではイベント管理や投稿がやりやすくなっていたり、デザインの自由度も高くなっています。月額1,000円(年間契約)有料オプションでは参加者への個別メッセージ、サイト認定バッジといった公認がもらえたり、アクセス解析も可能。


オーディエンスのカテゴリ別興味

  1. アートとエンターテインメント▶25.90%
  2. ビジネスと業界▶3.76%
  3. インターネットと通信▶2.03%
  4. 健康▶1.67%
  5. コンピュータとエレクトロニクス/プログラミング▶1.01%
  6. その他▶65.63%

こくちーず(告知’s)

こくちーず(告知’s)の詳細ページ

こくちーず

こくちーず

特徴
ポータルサイトは開設7年イベント掲載数は40万件と信頼あるポータルサイト。セミナーを中心に、交流会や勉強会も多数。SEO対策としての効果も高く、イベントのタイトルによっては掲載後、検索エンジンにて上位表示されることもあります。そのことから、サイトパワーは高いと言えるでしょう。



オーディエンスのカテゴリ別興味

  1. キャリアと教育/教育▶34.81%
  2. キャリアと教育▶13.65%
  3. ビジネスと業界/マーケティングと広告▶ 7.19%
  4. コンピュータとエレクトロニクス/プログラミング▶4.82%
  5. アートとエンターテインメント▶4.78%
  6. その他▶ 34.76%

ドアキーパー

ドアキーパーの詳細ページ

ドアキーパー

ドアキーパー

特徴
「新しいコミュニティ、新しい仲間をみつけよう」というコンセプトもあり、サイト内では単発のセミナー掲載の前に、所属するコミュニティ登録が先に必要となります。よって単発セミナーを掲載するというよりは、そのコミュニティや団体の活動を通して行われる定期的なセミナー、勉強会、イベントが掲載されていることが多いです。また初回掲載30日間は無料ですが、それ以降は月額1,500円の掲載料金が発生するのも特徴です。僕が以前コミュニティ集客で使わせてもらったときは一番反応が取れたのはこのドアキーパーでした。



オーディエンスのカテゴリ別興味

  1. ビジネスと業界▶7.54%
  2. アートとエンターテインメント▶5.12%
  3. インターネットと通信/ソーシャルネットワーク▶3.49%
  4. コンピュータとエレクトロニクス/プログラミング▶2.16%
  5. インターネットと通信/チャットとフォーラム▶1.23%
  6. その他▶ 80.46%

ストリートアカデミー

ストリートアカデミーの詳細ページ

ストリートアカデミー

ストリートアカデミー

特徴
「まなび」を気軽にをテーマに、今一番、伸びているポータルサイトではないでしょうか。セミナーという言葉を使わずあえて講座としてるのも、ビジネス向けというよりは趣味嗜好に重きを置いているのもストリートアカデミーの特徴。そのようなこともあり男性の利用が多いセミナーサイトの中で女性利用者が一番多いのはこのストリートアカデミーです。サイト自体の体裁も見やすいです。また専用のスマホアプリもあり、モバイルで使いやすさにも定評ありです。女性向けにビジネスをしている人ではあれば必ず掲載しておきましょう。



オーディエンスのカテゴリ別興味

  1. ビジネスと業界▶7.38%
  2. 旅行/観光▶3.50%
  3. アートとエンターテインメント▶2.02%
  4. キャリアと教育/教育▶1.68%
  5. アートとエンターテインメント/視覚芸術とデザイン▶1.33%
  6. その他▶84.09%

ATND(アテンド)

ATND(アテンド)の詳細ページ

ATND(アテンド)

ATND(アテンド)

特徴
リクルートグループが運営しいるポータルサイト。以前はベータ版としてサービスを展開していたが2017年よりアテンドとしてサービスを提供してます。サイト自体はシンプルで見やすく使いやすいです。掲載しているイベントの残り募集人数が一目でわかるのも利用者にとってはいいかもしれません。ただモバイルでの使い勝手は僕個人的には使いづらいかなと。掲載されているものは、ビジネスセミナーというよりは、オフ会・交流会、イベントが豊富です。そして24歳の若者層が際立って高いのもこのポータルサイトの強みで、その世代のユーザ数は増加傾向にあるようです。


オーディエンスのカテゴリ別興味

  1. ゲーム/テレビゲーム▶12.14%
  2. ビジネスと業界▶ 3.51%
  3. ゲーム▶2.47%
  4. ショッピング/ギフト▶2.28%
  5. ビジネスと業界/化学▶2.16%
  6. その他▶77.45%

 

セミナー情報.COM

セミナー情報.COMの詳細ページ

セミナー情報.COM

セミナー情報.COM

特徴
このサイトの特徴は投資や金融などマネー系のセミナーが多く掲載されています。

マネー系セミナーの業界では一番知名度が高いポータルサイトかもしれません。
サイト自体、見やすく使いやすいことでも評判が高いサイト。
ただ掲載までに至る登録が他サイトと比べるとかなり細かく手間を感じます。また掲載内容に細かい審査があり、掲載開始までに最大3営業日以上かかることもあります。逆に言えば信用ある主催団体しか掲載できないので、参加者は安心かもしれません。


オーディエンスのカテゴリ別興味

  1. ビジネスと業界▶27.99%
  2. ビジネスと業界▶27.99%
  3. アートとエンターテインメント▶11.12%
  4. ビジネスと業界/マーケティングと広告▶10.22%
  5. 人と社会/宗教と精神▶ 9.79%
  6. インターネットと通信/オンラインマーケティング▶ 6.98%
  7. その他▶33.89%

セミナーズ

セミナーズの詳細ページ

セミナーズ

セミナーズ

特徴
サイトでは「日本最大級のビジネスセミナーサイト」とうたっている通り、ビジエス系のセミナーが大半で、マーケティングや起業、集客、ビジネススキルなど多くのイベントが掲載されています。ユーザー層も男性が多く25-44歳の層の利用者が高いのも特徴です。


オーディエンスのカテゴリ別興味

  1. インターネットと通信/チャットとフォーラム▶30.18%
  2. 書籍と文学▶2.97%
  3. 趣味と娯楽/収集▶0.01%
  4. インターネットと通信/検索エンジン▶ < 0.01%
  5. ニュースとメディア▶< 0.01%
  6. その他▶66.84%

 

ビジネスクラス・セミナー

ビジネスクラス・セミナーの詳細ページ

ビジネスクラス・セミナー

ビジネスクラス・セミナー

特徴
「ビジネスに特化したクオリティの高いセミナーや研修が見つかる」をコンセプトにこちらもビジネス系のセミナーが多いのが特徴です。
講座や勉強会といったライトなイベントというよりは、ガッチリとした質を重視したセミナーを掲載しているというのがこのサイトの売りのようです。よって企業向けの社員研修のセミナーが多いのも特徴です。


オーディエンスのカテゴリ別興味

  1. ビジネスと業界/マーケティングと広告▶5.40%
  2. ファイナンス/投資▶0.18%
  3. その他▶94.42%

イベントフォース

イベントフォースの詳細ページ

イベントフォース

イベントフォース

特徴
このサイトもビジネス系のセミナー掲載が多いですが、何よりも他との違うサービスでいうと参加者同士がコミュニケーションとれる機能がついていたり、主催者へのファン機能など継続的な参加者を増やす工夫がされています。一度このサイトで参加者とつながると主催者にとってはアプローチの幅が広がるなどのメリットがあります。


オーディエンスのカテゴリ別興味

  1. ビジネスと業界/マーケティングと広告▶ 17.08%
  2. ビジネスと業界▶16.11%
  3. キャリアと教育▶1.13%
  4. インターネットと通信/オンラインマーケティング▶0.03%
  5. インターネットと通信/チャットとフォーラム▶< 0.01%
  6. その他▶65.65%

 

イベントカレンダー+ログ

イベントカレンダー+ログの詳細ページ

イベントカレンダー+ログ

イベントカレンダー+ログ

特徴
製造業、IT系、ビジネス関係が多く、中でもプログラミングなどのやアプリ開発などがの掲載が人気です。最近ではAIシステムやテクノロジーのイベントが活発でユーザー数を増やしてるようです。この分野に携わるビジネスの方には絶対掲載すべきポータルサイトでしょう。


オーディエンスのカテゴリ別興味

  1. アートとエンターテインメント/テレビと動画▶< 0.01%
  2. その他▶> 99.9%

その他セミナーサイト

ここで紹介するサイトは2017年12月期、月間訪問者数が5,000未満のサイトになりますが参考にサイト名だけ紹介させていただきます。
(アクセス解析ソフトsimilarWebでは5,000未満のサイトは細かい数字が出てきない仕様になっているため)

無料セミナー情報ドットコム
ビジネスセミナーガイド
FIDELIビジネスセミナー
セミナーBiz
セミナーチャンネル
ビジネスセミナー探しの達人
セミナーネット
セミナーバンク
セミスタイル
MAINICHI セミナー情報

まとめ

繰り返しになりますが、初めて掲載する場合はあらゆるサイトに掲載し、反応を見てみましょう。
ただ全ての掲載は面倒だ、という方であれば、
1、訪問者数が多いサイトを優先的に掲載。
2、あなたのターゲット属性にあったサイトに掲載。

しかしこれで集客が約束された訳でありません。
肝心なことは、そのセミナー自体が魅力的な内容か、そしてそれを紹介する魅力的なコピーで紹介できているかが大切です。

もし長期掲載しても反応が取れない場合はその2点について見直していきましょう。

追記:成功するセミナーの構造を紹介した記事「セミナー 主催者必見!成功するフロントセミナーの秘密」もよければ参考にご覧ください。

以上、最後まで読んでいただきありがとうございました。
平井

The following two tabs change content below.
リアルとWEBを駆使しフルマーケティングで「売り込まずに売れる仕組みをつくる」をコンセプトに、一人起業家の収益化をサポートするマーケター兼、プロデュサーとして活動中。 そのかたわら、お出かけプランをAIが提案してくれるWEBアプリサービス「Leap」を開発するなど、ウェブサービスメディアを一から構築する事業も展開。

関連記事

  1. レポート

    【連載記事】第1回「事業をゼロから立ち上げる事にした!」

    僕はこれまで、商品サービスを持っている人と組み、集客、収益化のお手伝い…

  2. レポート

    起業家コミュニティに参加してきました!

    どうも、平井です。 先月セールスコピーライターが集まる忘年会に参加…

  3. レポート

    セミナーは怪しい?参加しようか迷っているあなたへ

    どうも、平井です。 突然ですが「セミナー」と聞いてあなたはどんな印…

毎月4名まで無料コンサル受付中

レポートプレゼント企画

近日youtube公開予定

  1. マーケティング

    セミナー 主催者必見!成功するフロントセミナー とは
  2. 趣 味

    顧客を増やす方法を学ぶ「秘・人脈活用術」のレビュー
  3. ひとりごと

    「猿猴月を取る」の教訓からビジネスを考える
  4. マインドセット

    なかなか行動できない…だったらその7つ理由を解明する
  5. マーケティング

    ビジネスに役立つFacebook戦略
PAGE TOP